オーナメントにはそれぞれ意味があります

クリスチャンのお祭り

緑の木々にボールなど様々なクリスマスオーナメントを飾りつけて華やかになりますが、加えて電飾でピカピカと光らせていると思います。電飾を用いたイルミネーションはクリスマスシーズンになると街中で見かけるようになるものですが、家庭でも電飾を巻き付けてより煌びやかに演出されています。電飾がなくても煌びやかな雰囲気となりますが、なぜ電飾が用いられているのかを考えたことがあるでしょうか。
電飾を巻き付けてクリスマスツリーを発光させている理由は、イルミネーションには「世を照らす光」としての意味が込められている様子です。クリスマスはイエスキリストが生まれた日として知られていますが、キリストの存在自体も「世を照らす光」として崇められています。そのため、イエスキリストの再現するかのようにクリスマスツリーに電飾を巻き付けて光らせるようになったという話が残されていました。
11月下旬から街中や商業施設、観光スポットがクリスマスムード一色になりますが、街は飾りつけられたイルミネーションにそのような意味が込められているということを知ると、また違った風景に見えてくるでしょう。何気なく飾りつけられているクリスマスオーナメントにも、それぞれ意味が隠されているため、調べてみると面白い事実が分かります。

食べられるオーナメント

早いもので、2017年も後半戦となり、あと三ヶ月でクリスマスがやってきます。そこで、クリスマスツリーを飾る時のオーナメントについて色々紹介していきます。
オーナメントにも近年は凝ったデザインの可愛い商品が販売されていて、例えばボール状のオーナメントでも中を開けるとチョコレートが入っていたりなど、見るだけでなく食べても楽しめるタイプのオーナメントが存在します。食べて楽しむタイプのオーナメントですと、サンタクロースの杖の形のストライプ模様のキャンディーが有名ではないでしょうか。ただ大きいキャンディーだと食べ終わるまでが大変な為、ヨーロッパが発祥となってチョコレートを用いたオーナメントが普及してきました。
食品系以外にも、電池が仕込まれていて暗い所で発光させる事が出来るオーナメントもあります。キラキラと点滅をするタイプが多く、スイッチを入れる事で点灯させる事が出来ます。こういった点灯式のタイプはボタン電池で稼働するので、電池を入れ替えれば繰り返し何年も使う事が出来ます。
また、オーナメントで最も一般的なのがクリスマスブーツではないでしょうか。クリスマスブーツは様々なサイズがあり、手の平に乗るものから実際の人間の足のサイズと同等の物まで色々あります。

information

  • アメリカのクリスマスオーナメント

    象徴が記されている クリスマスツリーに欠かせない物オーナメント…

    » 続きはコチラ

  • クリスマスオーナメントのボールの意味は

    由来がちゃんとある クリスマスツリーを飾り付ける際に用いられる…

    » 続きはコチラ

  • 見栄えが良くなるクリスマスオーナメントの飾り方

    リボンでバランスを クリスマスツリーはオーナメントを飾っていく…

    » 続きはコチラ

Copyright(C)2017 クリスマスツリーの飾りつけの意味を知ってより深く楽しむ方法 All Rights Reserved.